小室哲哉さんが涙の引退会見「悔いなし、何て言葉は出てきません」

エンタメ

小室哲哉さんが涙の引退会見「悔いなし、何て言葉は出てきません」
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

小室哲哉 涙の会見

雑誌「週刊文春」で看護師との不倫疑惑を報じられた小室哲哉が、これを受けて本日1月19日に東京・エイベックスビルで記者会見を実施。本日1月19日をもって、音楽活動から引退することを明かした。

「週刊文春」が報道した記事は、小室が通院していたクリニックで親密になったシングルマザーの看護師を自宅などに招いて共に過ごしたという内容。小室は会見場に集まった約150人の記者やカメラマンに向かって「妻であるKEIKO、家族、ファンの皆さまにご心配をおかけし、ご相手の方にもご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と挨拶し、「言動が支離滅裂になるとよくないから」と昨晩書いたというメモを見ながら、「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と語り始めた。

出典 http://natalie.mu

彼はまず、2011年にくも膜下出血を発症して療養中のKEIKOの現状について説明。現在は身体的な後遺症はないものの高次脳機能障害によりあらゆる欲を失ったとのことで、「KEIKOは歌手として大きな存在だったと思うんですが、残念ながら音楽への興味は日に日に減ってきています。カラオケに誘ったりCDを聴いたりしても興味を持ちません。最初期に無理やりレコーディングスタジオに連れて行って1曲歌ってもらったけど、それ以降はもう歌うことはなくなりました」「夫婦として、大人としてのコミュニケーションが日に日にできなくなってきています。電話をしても、最初は1時間話していたのが10分、5分、3分とだんだん間が持たなくなって、自分も疲れ始めてしまったところがあります」と話した。

出典 http://natalie.mu

■KEIKOとの離婚は考えていない、と小室

――去年ぐらいから音楽性に疑問を感じたということですが、具体的に引退が浮かんだ時期は?

小室:左耳の耳鳴りが消えなくて。音楽が作れないわけではないんですが、体調が悪くなって。それと、介護との両立の限界を感じたのが(2017年の)8月ですね。

――引退発表は今回の報道がきっかけ?

小室:そうです。自分の気持ちを持っていたのと、みなさまにご迷惑とご心配をおかけした僕の最大の償いだと思って発表しました。

――A子さんとは現在も連絡をとられているのですか?

小室:事務的な連絡はせざるを得ないので、連絡は取っています。誤解を招かないように今後はしっかりとしていきたいと思います。

――今回の一連の件は、KEIKOさんにはちゃんとお詫びをして納得してもらえているのでしょうか?

小室:話は全部してあります。納得してもらえているかは、しっかり向き合って話して理解をしてもらえるかというのは、これからです。

――A子さんとは肉体関係がないとおっしゃいましたが、腕を組んでいたり、ベッドで一緒に寝たという話は、どういう関係と受け取ればいいのか?

小室:大前提で僕が体調不良で来ていただいている方で、確実に心から言えますが、一般の男性が女性を招くという感覚で招いたわけではないので、不徳の致すところで、誤解を招いた形になってしまったんだと思います。

――精神的な支えになることはあった?

小室:かなりありました。本当にお恥ずかしい話ですが、普通の男性としての能力というのがなくて、精神的なものの支えにはなっていたと思います。

――KEIKOさんにはどのように報告して、どんなリアクションがありましたか?

小室:非常に特殊な例だと思っておりますが、簡単な単語で「ごめんね」「わかったよん」「これはやだ」など短い言葉でのやり取りを昨日までしていました。そこが一般の奥様とは一言とはちょっと違うのかなと。どこまで理解できてもらえているのか……。この会見があるということも報告しております。これから目を見て、しっかりと話をしていきたいと思っております。

――KEIKOさんとの関係も考えていきたいというのは、離婚も考えているということですか?

小室:女性というよりも、今の子供のようなKEIKOへの愛は深くなっています。今の僕の頭の中には、そういった大人の言葉がちょっと浮かんでこないですね。

――関係性としては、夫と妻という関係性を今後も続けて行く気持ちでいる?

小室:はい。旦那さんという言葉を使ってくれるときもあります。

――A子さんにしてもらっている医療行為の内容を教えてください。

小室:医療の知識もないのでそこまでしっかりお伝えすることができないのですが、体調不良ということと、メインの病院の診断書に基づいた医療行為だと思っております。今はC型肝炎からストレスの治療になって、難聴であったりめまいであったり、全体がだるかったり思考が鈍ったりとか。そういったことへの体力の補給が一番メインだと思います。入院中も2日、3日点滴をし続けるという治療なので、それに基づいたものだと思っています。

――この5日間で引退を決めたとのことですが、引退は小室さんご自身で考え抜いたのか、誰かに相談したのか?

小室:文春さんが起爆剤になっていただいたという言い方が変かもしれませんけど、頭をもたげていたものがさらに出てきた。確かに急ではありますが、日本高齢社会で、60歳になるこれから、どうやって生きていくかということをずっと自問自答していたので、ある種の引き金になったのかなと思います。誰にも相談せずに、僕1人の判断です。

――A子さんのお宅にまで行って治療を受けていたという報道がありましたが、患者さんが看護師さんのお宅にまで行って治療を受けるというのはどういった事情があったのでしょう?

小室:他のお医者様、看護師さんは(都合がつかず)どうしようもなく、A子さんもどうしようもない、動けない。それで僕が動くのなら施術できる、というところで「では、伺います」と数回お邪魔しました。

――A子さんへの感情はどういうものか教えてください。

小室:後半、非常に甘えていたと思いますし、助けていただいたという気もあります。感謝しておりますけど、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

――今回のことに関して、A子さんは何とおっしゃっていましたか?

小室:「今日の会見を見守っている」と。

――引退のことについては?

小室:「もったいない」と言っていました。

――良いメロディーが作れないというのは、どういったレベルでのお話なのでしょうか?

小室:つい最近もTVの番組収録があったんですけど、ブームという言葉があって。なんとなく93年、94年からぎりぎり2000年ぐらいまでがブームだったかなと思うんですけど、音楽という意味で影響があったと感じています。それを超えることはもちろん出来ないですし、下回ると、レベルが下がったか枯渇した、期待に応えられない、という感覚です。「あの時が良かったよね」と言う方がほとんどなので、時代の流れもありますが、やっぱりあれを基準にして、「そこから上じゃないと」と比較してしまう。

――小室さんの35年の音楽人生で一番うれしかったこと、辛かったことは?

小室:一番というのは非常に難しいです。90年代のみなさんがヒット曲を歌って楽しんでくれている姿を垣間見ることが多分一番幸せだったと思います。一番辛いのは今日です。

――安室さんの引退発表は影響はあった?

小室:安室さんの引退宣言は、非常にすぐ理解はできました。海外ではマイケル・ジャクソンであったり、プリンスであったり、僕と同世代の方たちなど美学を貫く意味では非常に素敵だなと思いました。自分もいずれ、素敵な形で身を引けたらいいなというのは正直思いました。

――音楽活動は引退するが、制作以外に携わっていくことはないのか?

小室:まだ一週間足らずの決断ですので、何が許されて、何をやることが許されないのか判断がまだ出来ていないんですね。どこまで「いいんじゃないの?やってよ」って言われるのか、「やっちゃダメだよ」と言われるのか、まだ何ひとつ反応を聞いていないので、線引がまったくわかっていないんです。僕の勝手な公式で、「お騒がせした罪、それを償うために退く」という図式しか今はないです。

――引退された後、KEIKOさんや関係者の方と共に幸せになって過ごしていくという気力は持っていますか?

小室:みなさんの前でお話するというこのエネルギーだけで今精一杯というのが正直なところです。これがふと一人になった瞬間に涙が溢れ出るのか、「なんてことをしてしまったんだろうか」、「なんてことを言ってしまったんだろうか」という悔いが出てくる可能性は十分にあると思います。「悔い無し」なんて言葉が、一言も出てこないです。例えばライブをやって何日をもって引退、など楽しく計画を立てて勇退が出来る環境だったら、「悔い無し」と言えたのかなぁと思いますが、遅かれ早かれこういった涙ぐんだ顔を見せる日は来るのかなとは思っています。

――年末に気に入った楽曲を作ることができたとおっしゃっていましたが?

小室:万全な体調ではない中、非常に良い環境で年末まで音楽制作をできたと思います。まだ発表されていませんが、もし発表していただける状況であるのであれば、多少気に入っていただけるというか、自分の中での基準を超えた曲はあると思います。

出典 http://news.nicovideo.jp

鈴木亜美、小室哲哉引退に「涙が止まりません」<コメント全文>

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0119/mod_180119_4422545633.html

【鈴木亜美・小室哲哉/モデルプレス=1月19日】「週刊文春」にて看護師との不倫疑惑が報じられたことを受け、19日に都内で会見を行い、引退することを発表した音楽プロデューサーでglobeの小室哲哉について、歌手の鈴木亜美がコメントを寄せた。

小室のプロデュースでデビューした鈴木は、所属事務所を通してコメントを寄せ「引退を決意されたことと、小室さんのお話に涙が止まりません」と悲痛な思いを告白。「父の様な存在の小室さんが、何年か前から現場でお会いする度、体調が悪そうなのに周りを気遣い、頑張って音楽制作をしている姿を心配ながら見ていました」と振り返り「小室さんがご自身で決意したことなら、心からお疲れ様と、ありがとうをお伝えします」とコメントした。

今年でデビュー20周年の鈴木は「小室さんがいなければ今の私はありません。小室さんの沢山の楽曲が世界に溢れ愛され、この先も残っていくことには変わりはありません」と感謝。小室に向けて「どうかどうか涙は見せないで、いつまでも音楽を愛する小室さんでいてください」を贈った。

出典 http://news.biglobe.ne.jp

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

Line@でビジネスに役立つ情報を配信しています。

Add Friend

パソコンはIDで検索
→@fya2345r (@を忘れないようにしてくださいね!)
億を稼ぐのが当然になる潜在意識と思考を置き換える
音声教材を無料でプレゼントします。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!